【初参戦】大阪コミコン2023行ってきました!! #1 ー展示品ー【レポ】

レポート

5月5~7日の三日間、インテックス大阪にて開催されたコミコン2023に参加しました。
(私が参加したのは6・7日の2日だけです)

正直、今年になるまでイベントの存在すら知りませんでした。

ただ実際参加してみると、最高のイベントだったので、今回初心者としてその経験や情報を共有できればと思います。

*2日間の写真をまとめて掲載していますので、ご留意ください。

スポンサーリンク

コミコンとは

私自身 TVでこのイベントのCMを見て、デロリアンが展示されると知り、即行くことを決めました。
このイベントが何かも知らずに・・・

公式サイトによると、コミコンとは・・

1970年、ゴールデン・ステート・コミック・ブック・コンベンションとしてシェル・ドルフを中心に開催されたのが原点で、漫画を中心としたポップカルチャーのイベントです。 アメリカのサンディエゴでは毎年7月上旬に開催され、漫画・アニメ・ゲーム・映画と内容も拡大され、13万人以上の来場者が集まる大イベントに発展しています。
さらに、コミコンはアメリカのみならず、フランス、イギリス、台湾などでも開催され、世界中で話題となっています。

東京コミコン公式サイト (https://tokyocomiccon.jp/)

参加した感じから言うと、「コミコン=アメコミや洋画の交流イベント」くらいの認識が良いかと思います。

日本では2016年からほぼ毎年 東京で開催しており、今回そのイベントが大阪で初開催となったようです。

展示物を見たり、限定品を買ったり出来るのはのはもちろん魅力ですが、一番の魅力は何と言ってもハリウッドスターとの撮影会やサイン会があること

25,000~30,000円という高額チケットですが、憧れのスターと写真を取ったり、サインを貰ったりできるのは、ほんとやばいですよw

今回来日されたスターは下記(公式ツイッターより抜粋)。

デス・ストランディングに出てたマッツ・ミケルセンや、パイレーツオブカリビアンに出てたオーランド・ブルームに会えるなんて・・・・・

これだけでも行く価値は大アリです!!!

スポンサーリンク

出展物

大きく分けると、「ステージ・フードエリア」「撮影会・サイン会エリア」「出展エリア」「展示ブース」の4つに区分けされていました(下図@公式サイト 抜粋参照)

ステージ・フードエリア

開会式やトークイベントなどが開催される”ステージ”と、フードエリアが併設されていました。

一応区分けはされているのですが、フードエリアからも普通にステージが見れるようになっており、マッツ・ミケルセンのステージはフードエリアにも人が押し寄せ、大変なことになっていましたね。

撮影会・サイン会エリア

このイベントの一番の売りであろう、ハリウッドスターとの撮影会・サイン会を行うエリア。

出展エリア

出展ブースは文字通り、各企業や個人店が出店しているエリアです。

MARVEL SHOPをメインに、これから公開される映画のブースが周りを囲い、さらに個人点や協賛企業がブースを出している感じです。

公開中のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのブース、的あて的なものしていました。

進撃の巨人のブースもあり、イライラ棒を開催していましたw.

協賛企業のブース。
ハリウッドスターのサインがもらえるくじが開催されていました。

アーティストアレイ(絵師の人たちが作品の販売や、自画像を書いてくれるエリア)

展示エリア

出展エリアの隣の建物が展示エリアのようになっており、映画で使用された車・バイク・コスチュームなどが展示されていました。

本物のデロリアン、初めて見たけどかっこよすぎる・・・・

ハリウッドスターとの撮影会については長くなったため次記事で書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました